心と体

2015年12月 7日 (月)

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、歯根が自分のものであるかどうかです。
痔の治療法☆痔を原因から治そう


虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が健全であれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。
抜歯した場合の選択は、もし、入れ歯を採用しない場合、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も失敗をゼロにすることはできません。

では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといった人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギーなどのわけで、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまっ立という見た目を損なってしまう問題もあります。
このような危険をできるだけ避けるために、歯科医はよく考えて決めてちょーだい。どんな治療でも沿うですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医がどのような技量を持っているかで相当な差があると考えるべきでしょう。この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だと考えて欲しいのです。とにかく入念に、歯科医選びをすることがインプラント治療の結果を左右するのです。


インプラントについて、簡単に説明すれば虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ人工の歯を創ることだと考えてちょーだい。

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって噛んだときの感じも自分の歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。なお、インプラント治療はすべて自費となり、治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療は、あごの骨を掘って、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。



治療後、一見した感じでは、どちらかというとインプラントが優っていると考えられます。
ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるというデメリットも承知してちょーだい。
どうにもならない虫歯で、抜くしかなくなってしまいました。両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラントの方が良いと考えました。自費診療なので、すごくの額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。


手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく自分の歯と同じように噛めたのでインプラントにして良かっ立と思いました。



耐久性の面で、インプラントはどうかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、定期的なメンテナンスが行なわれていれば本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが一般的な説です。すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期間トラブルなく使うことも可能ですが、日頃のケアが行き届かないとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと思ってちょーだい。数々のインプラント治療の問題点について、多彩な情報ツールで調べ立と思いますが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるといった話を聞いた方もいるでしょう。しかし、それは正しくありません。



MRI検査では、磁場に反応して画像が造られます。金属があれば、そこは乱れて映ります。しかし、インプラントは主にチタンが使われているので金属といっても磁気には反応せず、MRI検査への影響はありません。どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、多彩な事情から、他の治療がうけられない方にすすめられる治療なのです。



クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、義歯ではうまく噛めないなどでインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多いでしょう。

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、より自然な噛み心地を得られるため食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

インプラント治療は、まず何が大切かというと、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。
一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので症例数が多ければ多いほど良く、経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。
それだけでなく、費用面での疑問に応えてくれる、感染症予防策をはっきり示している、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが重要なチェックポイントになります。