« 面倒くさがりの人にもお手軽なのは中古車買取の一括査定サイトを利用して…。 | トップページ | 「お肌のためにはタバコ(日本には南 »

2016年2月 9日 (火)

高額なインプラントは一体何年くらいもつのかというと長期間

高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で本来の歯同様の耐久性を得られるというのが一般的な説です。

要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期間トラブルなく使うことも可能ですが、日頃のケアが行き届かないと取り返しのつかない事態が起こってしまうと考えなければなりません。

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。これは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。
歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯根からあごの骨に埋め込んでいるので自分の歯と同じような強度があり、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。
インプラント治療を受けようとすると、すべて自費なのでその治療にはどうしてもお金がかかります。顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、すべてが同じ構造ではなく、各パーツの構成により何種類かのタイプがあります。



人工歯根とアバットメントが一体型で、1回法の施術に用いられる1ピース・インプラントといわれるタイプと、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。
2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療がしゅうりょうしても歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので異常がなくても維持費は必要になります。
多くの場合、三ヶ月に1回くらいで定期検診に通うのが一般的です。


定期検診にかかるお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため約三千円とみれば良いでしょう。標準的には、一年に1万円から2万円程度のお金がかかると見積もっておきましょう。
混同されることの多いインプラントと差し歯。何が違うのでしょうか。



差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。つまり、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。


歯根をふくめて歯が無くなってしまったところには、そもそも埋め込む先がない訳ですから、使えないのです。
それに対して、インプラントというのは、インプラント体などといわれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても気にせずおこなえるのが最大の特質であるといえます。
インプラント治療を検討している方、大切なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術前におこなう検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまですべては歯科医の裁量にかかっており決定的なちがいが出てくると考えられます。
インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと言えます。


手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療の成否を決めるのです。
技術の進歩した今では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、食事の際にグラグラと動いてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。

そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足が要因となっています。なるべくなら、インプラントを専門としている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。
基本的にすべて自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。


費用面で、治療を躊躇する方もずいぶん見受けます。

クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどと銘打って信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が増え、柔軟な対応が出来るようになっています。すべての費用を現金一括払いできなくても、受けたい治療を受けることが十分可能になりました。インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いと思います。これは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。


この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツをつくる歯科技工士の卓越した技術が必要不可欠と言っても過言ではありません。それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ということであり、その分高額になっているのです。
入れ歯で食べることに抵抗がある、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にも適用されるのがインプラント治療です。人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を求められるなら、何といってもインプラントです。失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗してもやり直しできないことが多い点です。
入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりあごの骨にインプラントを定着指せるので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再度、大がかりな手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。インプラント治療が適用されるケースとして、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという場合があります。
例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯を支えにするため、1回り削る必要がありますが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので該当する歯の分だけ治療することになります。両隣の歯は健常なので、削りたくないと考えている患者さんには、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。


今流行りのインプラント。一度埋め込めばその効果は基本的に生涯と説明されることが多いみたいですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスをおこなえるかどうかや、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。
口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとインプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、それだけインプラントの使用可能年数も左右されてしまうのです。



残念ながら、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。



しかし、医療費控除の対象ではあります。



http://www.ledongcn.com/entry19.html
確定申告の一項目として、医療費控除はすでに収めた税金を取り戻す申告をします。確定申告で医療費控除を受けたい場合、治療のたびにもらっている領収書がお金を払った証明になるのでなくしたらお終いのものとして保管しておくことをすすめます。

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。保険が適用されればありがたいのですが、インプラントを入れるという一連の治療は他の人工歯を使った治療にくらべてコストがかかり、設備や技術も要するからです。インプラントを埋め込む手術前後の処置や、かみ合わせの調整などに時間がかかり治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。
治療の一部を保険適用にするだけでも、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。

« 面倒くさがりの人にもお手軽なのは中古車買取の一括査定サイトを利用して…。 | トップページ | 「お肌のためにはタバコ(日本には南 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101244/63861386

この記事へのトラックバック一覧です: 高額なインプラントは一体何年くらいもつのかというと長期間:

« 面倒くさがりの人にもお手軽なのは中古車買取の一括査定サイトを利用して…。 | トップページ | 「お肌のためにはタバコ(日本には南 »